コツコツ

  • 2021年8月26日
  • 2021年8月26日
  • レポート
  • 48View
  • 0件

真夏に車のエアコン壊れるアルアルで、以前は広島行きの途中にエアコンが不調になり、修理してからまた広島に行くときに、電装屋さんのミスでエアコン効かなくなると言う地獄を味わった事があるのですが、今回は自分の足車シトロエンC2のファンが時々止まる事があり、調べるとレジスターなるパーツがよくトラブルそうで、部品交換!

なんと、ノートとかティーダとかの古い日産車と共通のフランス製パーツ。親会社がフランスルノーなだけ有るな。まーええパーツならいいのですが、イマイチなパーツなら安心のトヨタ御三家のパーツがええですな。

前に乗ってた33Zのパワーウィンドーのモーターも、フィリピン製でよく壊れるらしく、もれなく壊れました。

まー、でもカバーされまくってる今の車ならこんな整備も出来ないですが、簡単にカプラー付け替えて完了

安心して渋滞に並べる^_^